実務翻訳のススメ



このコーナーでは、翻訳に関するコラムや、受講生からの質問など、実務翻訳のスキルアップにつながる内容をお届けしてしています。

実務翻訳のススメ トップへ

  

Q&A(日➡英)同じ単語の繰り返しが望ましい分野とは?

今回のコラムでは、受講生からいただいたご質問と、講師からの回答をご紹介します。
和文英訳の訳文では、一般的に同じ単語やフレーズの繰り返しは避けるべきだと思いますが、コンピュータに関するマニュアル等、文書の種類や分野によっては、異なる単語・フレーズを使用すると、誤解が生じる場合があると思います。どのような文書・分野において、繰り返しが望ましいのでしょうか。

In general, repetition is desirable in documents that are legal and/or technical, or that have formats other than prose (such as tables).
If a document is used as a reference (such as a user manual), key parts of it must use consistent wording. When we use something as a reference we tend to read small parts of it, so repetition doesn’t make the reader feel uneasy (few people read entire reference documents).

Even some technical documents include long stretches of more prose-like writing, and that’s where repetition can bore the reader. There’s a balance between being too inconsistent and too repetitive, and of course there are different opinions on where that balance lies.

Don’t forget that repetition involves not only individual words and expressions, but sentence structure as well: it’s best to have a blend of long, complicated sentences and short, concise sentences. Too much of either one will bore the reader or make the document difficult to understand.

list page 

資料請求・お問い合わせ・
お申し込み

フリーダイアル

資料請求・お問い合わせ
受講お申し込み

翻訳能力診断テスト

翻訳家になるための お得なパックコース

映像講座

ポストエディット講座

英語 表現辞典

受講料の1%がワクチンに。

映像講座 基礎から学ぶ実務翻訳(英→日)のイメージ

英文法大全

翻訳事業部

MRI語学教育センター on Twitter

PageTop