実務翻訳のススメ



このコーナーでは、翻訳に関するコラムや、受講生からの質問など、実務翻訳のスキルアップにつながる内容をお届けしてしています。

実務翻訳のススメ トップへ

  
東京では先日の雪が残り、足もとがつるつると遊んでしまいます。
そんな中、「通学制◎実務翻訳 基礎講座」(2月期)のお申し込みを受付中です!
翻訳にまつわる各職種担当者からのミニコラム「実務翻訳のススメ」第34弾では、
昨秋、通学講座を受講した営業担当者にインタビューを行いました。

「通学制◎実務翻訳 基礎講座」を受講した営業担当者に聞きました!

Q.普段は翻訳の営業をされていますが、翻訳の勉強を始めようと思われた動機は何ですか?
学生の時は英語を学んでいたのですが、就職してからは縁遠くなってしまいました。
メディア総合研究所への入社を機に英語の勉強を再開したことと、普段営業としてお客様へ納品している翻訳が、どんな風に翻訳されているのか、この大量の文章をどんな思いで仕上げているのか、ということにとても興味があり、受講しました。

Q. 講座の感想を教えてください
私は英文和訳の講座を受講したのですが、普段当たり前に使っている「日本語」に翻訳することがこんなにも難しいとは思いませんでした。
ほんの少し言い回しが違うだけで与える印象も異なり、たった一文の翻訳に何十分も時間をかけ、それでもなんだかしっくりこない・・・。そんなことが度々ありました。そういう場合は、授業中に先生へ質問したり、他の受講生の方の訳と比べたり、その繰り返しで自分の訳をブラッシュアップさせていきました。
授業では、毎回2名が事前に訳を提出し、その訳を皆で見ながら、先生がポイントや訳例を解説します。まだまだ未熟な自分の訳を見られる恥ずかしさを感じつつ(自分の訳が大きくスクリーンに映し出されます)、他の受講生の方の訳を参考に、様々な視点から原文と訳文を読み解くことができました。
また、一番驚いたのは先生の添削の細かさです!授業での提出に加え、授業以外でも計3回課題の提出があります。先生自身も添削が好きなんだとおっしゃっていましたが、すべて丁寧に修正していただき、コメントをくださいます。
これは、今後翻訳者として活躍される方の財産になると思います。

Q.今後の業務に生かせそうなことはありましたか
営業として、お客様の窓口となり、見積を出し、受注ができたら社内の制作へ発注をする。その中で、どんな風に翻訳されているのか、この大量の文章をどんな思いで仕上げたのか・・・一件一件の納品が、とても重みのあるものだと感じるようになりました。

Q.受講生へのメッセージをお願いします!
オンライン化が進んでいる時代ですが、先生・他の受講生の方々と対面して学ぶことができる環境は、とても素晴らしいと思います。
普段はお一人で机に向かって勉強されている方も、交流を楽しみながら、是非受講されてみてはいかがでしょうか。皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

list page 

資料請求・お問い合わせ・
お申し込み

フリーダイアル

資料請求・お問い合わせ
受講お申し込み

翻訳能力診断テスト

翻訳家になるための お得なパックコース

映像講座

ポストエディット講座

英語 表現辞典

受講料の1%がワクチンに。

実務翻訳 通学講座 無料セミナー

映像講座 基礎から学ぶ実務翻訳(英→日)のイメージ

英文法大全

翻訳事業部

MRI語学教育センター on Twitter

PageTop