翻訳講座を修了した修了生の声

丁寧な指導や添削等を通じて、着実に力をつけることができました

定年退職後に自宅で出来る仕事として、若い時に一時期憧れていた翻訳の仕事に挑戦してみたいと考え、仕事をしながらMRIの通信講座を受講しました。受講開始前から色々と相談にも乗って頂き、ほぼ計画通りに日→英/英→日の翻訳者として登録して頂くことができました。これまで翻訳の実務経験が無く、正直、多少の不安もありましたが、テキスト学習や課題への取組み、また、MRIの丁寧な指導や添削等を通じて着実に力をつけることができたと考えています。現在は、定年を機に田舎での平屋暮らしの準備を進めながら、IT・コンピュータ関連の翻訳の仕事をしています。

通信講座/IT・コンピュータコース修了 T.H.さん)

真っ赤に添削された課題から、プロとしての翻訳が身についていきました

会社では英語に接する機会が多かったため、片手間でしたが英訳や和訳をしていました。定年退職のとき、場所や時間に縛られない仕事をしようと思い、インターネットを利用して翻訳の仕事ができないか探したところ、MRI語学教育センターでは通信講座修了時に、成績優秀者は翻訳者として登録することができ、プロの翻訳家としての道が開けることを知りました。早速、会社でなじみのあった先端テクノロジーの英文和訳のコースを受講しました。推敲を重ね自信を持って提出した課題が、真っ赤に添削されて返ってきたことが何度もありましたが、そのたびにプロとしての翻訳が身についていったと思います。何とか受講期限内に基準点をクリアして登録に至り、仕事が来るようになりました。これからも勉強を重ね、たくさん仕事をこなせるようになりたいと思います。

通信講座/先端テクノロジーコース修了 M.T.さん)

一語ずつ悩みながらも仕事にやりがいを感じています

在宅で仕事を受けられるスキルを身につけたいと思い、また学生時代に英語と国語が好きだったこともあり、受講を決めました。翻訳関係の雑誌で見た英文契約書の文章の特殊性に惹かれ、契約・法務の分野を選びました。特別な知識や経験があったわけではないのですが、通信講座(「基礎から学ぶ実務翻訳講座」と「契約・法務(Step1・2)」)で翻訳の面白さを感じながら学習を進めることができました。独学では気づかないような部分まで添削していただき、大変参考になりました。修了後は登録翻訳者となり、一語ずつ悩みながらも仕事にやりがいを感じております。

通信講座/契約・法務コース修了 Y.N.さん)

退職後のキャリアとして翻訳の道を志しました

私は近い将来の退職後のキャリアとして翻訳の道を志し、通学制 実務翻訳 基礎講座(英日)を受講しました。その後通信講座で、ビジネス・経済分野のStep1、Step2(英日)と進みました。IT企業勤務ですがITの専門家というよりはビジネス分野に身を置いてきましたので、自ずと選択分野もその方向になりました。通信講座には不安があったのですが、丁寧なご指導のおかげでどうにか一定の成績で卒業することができ、お仕事をいただいております。今後も知識の幅を広げ、能力を高め、より質の高い翻訳をすべく頑張ります。

通学講座通信講座/ビジネス・経済コース修了 山田隆さん)

今、プロとしての責任と生きがいを噛み締めています

MRI語学教育センターは、実務翻訳に特化し、大手翻訳会社が運営する翻訳学校という点に惹かれました。とりわけ、最終Stepの課題提出で、10回の平均点が90点以上なら仕事を紹介していただけるというのが、決め手でした。私は「社会・文化」を選びましたが、課題はどれも面白く、調べ物をしているうちにいろんなことに興味が広がりました。スタッフの方の温かい励ましに助けられて、何とか英日・日英とも基準をクリアし、登録後、どちらもお仕事を紹介していただきました。今、プロとしての責任と生きがいを噛み締めているところです。

通信講座/社会・文化コース修了 清水幹夫さん)

翻訳者登録につながるという良い緊張感とモチベーションで取り組めました

MRI語学教育センターを選んだ理由は、翻訳者登録制度と通学講座があることです。課題をただこなすだけではなく、翻訳者登録につながるという良い緊張感とモチベーションを保って取り組むことができました。通学講座では疑問をわかるまでその場で質問でき、先生の表情や声の調子から、日英共にその語が持つニュアンスを感じ取ることができました。他の受講生の訳文を見て考え方を聞けたことで、自分の固定観念や先入観に気付かされ、表現の幅が広がり、とても貴重な経験になりました。翻訳者として活動する今でもテキストに書き込んだメモは役立っています。

通学講座通信講座/環境・自然科学コース修了 T.M.さん )

文系から医薬分野の翻訳者として登録、現在校閲者としても働いています

会社の早期退職を決めた頃に、友人からMRIの翻訳講座を紹介されました。それまで仕事上で使ってきた我流の英語を改めて勉強するよい機会と考え、退職後約1年間かけて日英/英日の通学講座基礎科、通信講座Step1・Step2を受講しました。専門分野は仕事で若干馴染みがあった「医薬・医療機器分野」を選択しましたが、もともと文系の私にとっては未知の課題が多く、英日の添削指導の中で勉強すべき分野を的確にアドバイスいただけたことは大変役に立ちました。英日の講座修了後、翻訳者登録していただき、ほぼ同時期にMRIで校閲のトライアルを受け、現在は週3日オンサイト校閲者として働かせていただいています。将来的には在宅で翻訳・校閲のお仕事が出来るように、引き続き日英の翻訳講座を受講しています。

通学講座通信講座/医学・薬学コース修了 川瀬麻里さん)

試行錯誤しながら訳文と向き合う毎日は、大変ですが充実しています

派遣社員として医薬品の安全性関係の翻訳に携わっていたので、フリーランスの翻訳者になる、と決めたとき、その分野に進むことに躊躇はありませんでした。MRIの通信講座を受講したのは、自己流だった自分の翻訳を一から見直したかったのと、成績優秀者の登録制度に興味があったからです。添削でいただく的確なコメントを励みにしつつ、1年半をかけて、医学・薬学コース(日→英/英→日)のStep1と2を受講しました。実務者となり、翻訳スピードや訳語の調査についていろいろと試行錯誤しながら、訳文と向き合う毎日は、大変ですが充実しています。

(通信講座修了 C.A.さん)

早い添削レスポンスと具体的な添削内容でモチベーションを維持

受講分野については、学生時代の専攻であり、法律事務所での勤務経験もあることから、法務分野を選択しました。他の翻訳学校の講座を受講した経験がありますが、MRIさんの通信講座は、添削の返信が非常に早く、モチベーションの維持が容易です。また、実際にその分野で活躍されている翻訳者の方が添削してくださるため、添削コメントの内容がとても具体的です。現在、英日コースを修了し、法務分野の翻訳のご依頼をいただいております。いずれは、翻訳のみで生活していくことを目標としております。

(通信講座修了 M.K.さん)

30年の会社員人生で培った知識を生かして翻訳者に

会社員人生を30年経て定年後どうするかと気になる年齢に至り、これ以上会社の面倒になるのも気が進まず、何か手に職をつけようと思いMRIの通信講座による基礎講座の受講を始めました。会社員時代の仕事に関連した法務・契約の英文和訳及び和文英訳のコースを選択しました。受講中基礎講座の頃は要領がわからず面喰いましたが徐々に慣れ、また並行して通学講座にも通ったことで実務翻訳者という仕事の意味がわかってきたように感じました。Step 2の修了を以て翻訳者への登録が実現し、定年を待たずに退職して実務翻訳の分野を生業にしております。

(通信・通学講座修了 岡田直人さん)

世界中どこにいてもできるのが翻訳の魅力です

ちょうど翻訳に興味を持ち始めた頃に、勤めていた会社の福利厚生で受講料の割引が利用できることを知りMRIの翻訳講座を受講しました。分野は、専門である化学の知識を生かせればと実務翻訳の環境を選びました。先生方の的確かつ分かりやすい添削を通して、自分では気づかなかったニュアンスの違いなど多くの知識を得ることができました。受講中に夫の転勤で退職して海外に移住し、講座修了後は翻訳者として英日、日英の依頼を頂いています。世界中どこにいても、子育てをしながら在宅でできるところに翻訳の魅力を感じています。

(通信講座修了 S.S.さん)

未経験から翻訳者になりました

MRI語学教育センターを選んだ理由で一番大きかったのは、所定のレベルに達すれば翻訳者登録できるということです。専門分野ももたず翻訳を正式に勉強した経験もなかったので、まずは実務翻訳の基礎科(英日、通学)を受講しました。直接指導していただけたので理解しやすかったですし、モチベーションも維持できました。他の受講生の翻訳を参考にしたり情報交換をし合ったりできたのも通学制ならではです。登録翻訳者となってからは私のレベルに合わせたお仕事をいただくようになり、こちらの講座を選んで良かったと実感しています。

(通学・通信講座修了 上野こず恵さん)

定年後の第2の人生に、一生できる仕事を見つけました

2年後の定年退職に先立ち、退職後に一生できる仕事として、夢であった翻訳者の道を考え始めました。翻訳について調べるうちに、翻訳の中でも需要の多い「実務翻訳」というジャンルがあることを知り、長年携わってきた営業の仕事や、仕事を通して培ったビジネスの知識を生かせる!と思い、実務翻訳者を目指すことに決めました。翻訳学校の中からMRI語学教育センターを選んだ理由は3つです。1.実務翻訳の専門校であること、2.大手翻訳会社が母体で翻訳者登録制度があること、3.講座がシンプルで選びやすかったこと。
残業が多いため通信講座での受講となりスケジュール管理に苦労しましたが、「定年までに翻訳家に」という思いで自分を奮い立たせ、妻の応援もあって、何とかStep2を終え、無事翻訳者登録(英→日)をすることができました。日→英は、現在も登録を目指して勉強中です。
まだまだ翻訳者としては駆け出しなので、仕事を通して日々勉強の毎日ですが、たまに「これだ!」と思う翻訳ができた時の喜びはひとしおです。

(通信講座修了 S.Y.さん)

翻訳者/校閲者として活躍中

他の翻訳学校での授業の時、講師が英文法の解釈を「英文法大全」で確認していたので、これを作った翻訳会社ならば信頼できると思い、受講しました。元々他の学校で契約&法務を通学して勉強していましたが、そこでは講師に課題を添削してもらえなかったので、課題の添削をしてもらえる通信講座の受講を考えました。
平均点が90点以上ならば翻訳者として登録していただけるので、これを目指して勉強しました。ところが、他の学校でこの分野を既に勉強していたため油断していたせいか、第1回目の成績が悪かったので、次回からは気を引き締めて勉強しました。その結果として、講座修了後に幸いにも翻訳者登録させていただき、在宅の翻訳者としてスタートすることができました。またその後、ビジネス文書校閲講座も受講し、現在は翻訳の知識を生かしてMRIの校閲スタッフとして働かせていただいております。

(通信講座、通学講座実践演習科、ビジネス文書校閲講座修了 M.K.さん)

講座は自分を客観視する機会にもなりました

受講を決めた一番の理由は、短期間でスキルを身につけたかったためです。授業では翻訳技術はもちろん、意訳と直訳の境界、辞書の選び方、語彙の検索方法に至るまで、実務に基づき丁寧に解説していただきました。クラスメイトの熱意を体感し、訳出だけでなく適性も含め、自分を客観視する機会を得ることができました。講座修了後は登録翻訳者となりましたが、すぐにお仕事をいただき感激しました。以来コンスタントにお仕事をいただき、天職にめぐりあえたことを幸せに思っています。

(通学講座 実践演習科修了 尾崎美冬さん)

生涯の仕事を見つけることができました

私は以前勤めていた会社でも社内の英和翻訳をしていましたが、校正もフィードバックもなかったため、技術の向上を感じられず、自信も持てずにいました。
そこでMRIの英和翻訳通信講座ビジネス&経済を受講することにしました。講座では自然な日本語に翻訳する技術が学べ、課題に対するフィードバックも細やかで、とても参考になりました。翻訳者として仕事を始められたのも、講座のお陰です。
翻訳は性別も年齢も関係なく活躍の場を与えてくれる特殊技術です。講座を受講して、生涯の仕事を見つけることができたと実感しています。

(通信講座修了 谷嶋 由紀子さん)

「専門分野がない」を克服してプロとして活躍中

英日/日英の基礎科、実践演習科の通学コースを受講しました。基礎科では表記の仕方から基礎知識まで細かく学び、実践演習科では様々なジャンルに挑戦しながら、翻訳の奥深さ、そして楽しさに触れることができました。専門分野を持たない私は、その「弱み」みたいなものを感じていましたが、コース中に出会う色々なジャンルの中で、純粋に「楽しい」「もっと調べてみたい」と感じるものに出会えたことは大きな収穫でした。クラスメートとの交流も続いており、今翻訳の仕事をする中で、互いに励まし合えることも喜びのひとつです。

(通学講座 実践演習科修了 N.I.さん)

海外在住で活躍中

海外でも学べる通信講座で契約&法律・英日コースを受講し、修了後、教務課の方の勧めもあり、引き続き日英コースも受講しました。
翻訳者として登録後、英訳を中心に依頼を頂いています。好きな英語と好きな分野とが組み合わされ、翻訳という形になっていることを実感します。行政関係の資料など、色々学ぶことも多く、いつも楽しみながら仕事をしています。東日本大震災後は、復興を扱った案件もあり、復興を願いつつ訳しました。
翻訳は、パソコンとインターネットがあれば世界中どこでもできる仕事であるところが、素晴らしいと思います。

(通信講座修了 K.T.さん:ベルギー在住)

プロになった今でも添削コメントを参照しています

わたくしは法務契約書Step2(日英・英日)を受講いたしました。職場で契約書や法務文書に関わることが多々あり、正しい知識を習得する必要性を常に感じていたことと、契約書で使われる独特な言い回しや固い表現にも言語的な魅力を感じていたことから、それをきちんと理解したく受講を決めました。
受講中は毎回、先生の的確なコメントから多くの事を学びました。客観的に自分の翻訳を添削していただける機会は非常に貴重で、フリーランスとしてお仕事をいただいている今でも常に添削していただいた課題を参照しています。先生方の指導に大変感謝しております。

(通信講座修了 Y.C.さん)

プロとして活躍しながらも更に邁進中

翻訳の学習は既に経験がありましたが、特に英訳及び医薬という点に焦点を絞りました。この講座は英文の構成法や発想法について論理的に解説してくれます。そこで得た知識を基に、翻訳をするというより、自分で英文を組み立てていきます。受講を通して英訳の楽しさを十分に知ることができ、且つ適切な添削からネイティブにしか知り得ない表現を自分の宝物にすることができました。メディカルライティング講座を経て、オンサイトでお仕事をいただけるようになった現在も、更に分野を広げネイティブにOK!といわれる英文を目指し邁進中です。

(通信講座・メディカルライティング講座修了 佐々木ひとみ さん)

子育てとの両立で夢を実現

出産後、子どもたちが少し大きくなり自分の時間が持てるようになったので、翻訳の勉強を再開したいと通信講座を探していたところ、興味のある環境の分野の講座があったため家族の協力を得て受講することにしました。受講中は、添削課題を通し的確で簡潔な言い方など自分では思いつかない表現や単語を丁寧に教えていただき、とても充実した時間を過ごすことができました。現在は、翻訳者登録をさせて頂き、講座で得た知識やスキルが日々の仕事で役立っていることを実感しながら、夢であった和英翻訳のお仕事をさせていただいております。

(通信講座修了 A.Y.さん)

好きな英語と国語を活かして活躍中

結婚・出産後、在宅で自分の好きな英語と国語を活かしつつ、一生涯できる仕事はないものかと探していたところ、実務翻訳という分野の仕事を知りました。通信の入門からはじめ、その後、通学で実践演習科、さらに通信で日英の翻訳を勉強しました。特に日英は日本人の私にはなかなか気づかないそれぞれの単語のニュアンスを丁寧に添削してくださり、また、今後のアドバイスなどもいただき、大変参考になりました。現在は在宅翻訳者として様々な分野のお仕事をさせていただいています。

(通学講座実践演習科・通信講座修了 水野 理子さん)

専門分野を絞って学習。英訳の翻訳者として活躍中。

環境問題を取り扱った通信の翻訳講座を探していた時に、MRIの講座に出会いました。和訳重視の講座が多い中、MRIの講座は和訳英訳共に充実し、それぞれに専門分野の講師の方が(英訳はネイティブが)添削してくださるとのこと、提出する課題の数が多いこと、に惹かれて受講を決めました。受講中は毎回の丁寧な添削のほか、質問事項や問い合わせにも迅速にご対応くださり、スムーズに学習を進めることができました。修了後は英訳の翻訳者として登録され、お仕事をいただいております。

(通信講座修了 Kさん)

実務経験を活かして翻訳の勉強を。現在は翻訳家として活躍中。

経理の経験を発展させて財務諸表の翻訳者になりたいと考え、「財務・会計実践コース」を受講しました。先生の丁寧なご指導で、課題が明確になりました。一つは、制度的な定義のある用語が開示書類に使われている場合には定型的な用法があり、それを正確に理解して翻訳する必要があることです。もう一つは、こうした用語も開示書類以外では様々な文脈で使われるため、用語の意味にそって訳文が論理的に成り立つように、正確な解釈力と作文力を身につける必要があることです。未熟ですが、仕事では一語一語に気を配るようにしています。

(財務・会計 翻訳専門講座 実践コース修了 T.M.さん)

会社に勤めながら受講して登録翻訳者に

会社に勤めながら受講できる翻訳の通信講座を探していたところ、インターネットでMRI語学教育センターの講座を知りました。成績優秀な修了生は在宅翻訳者として登録できるという点に魅力を感じ、実務翻訳の様々な分野を学習できるTerminal126という講座の受講を決めました。60以上ある課題から興味ある分野を選べるコースで、私は特に関心のあった、環境・エネルギー、国際協力の分野を中心に日英、英日課題を提出し、毎回丁寧な添削、回答をいただき、最後まで意欲を持って取り組むことができました。修了後は在宅翻訳者として登録していただき、現在までの6年間、継続して仕事の依頼をいただいています。

(通信講座修了 M.K.さん)

翻訳は努力の積み重ねが生きる仕事―目指すは英検準1級

2002年4月より一年間、本科および実践演習科へ通学しました。無謀にもこの時、私の英語力は英検3級のレベルでした。通学後は通信教育に切り替えて学習を継続。痛感したのは、自分の語学力不足です。通信教育修了後も、英語力向上の為に地道な努力が続きました。その甲斐あって、英検準2級、英検2級合格を勝ち取ることができました。目下、来年は英検準1級合格を目指して勉強中。そして自然科学分野を専門にしたくその分野の本を読みあさっています。翻訳は努力の積み重ねが生きる仕事と信じています。
(通信講座・通学講座修了 古神早苗さん)

翻訳者兼チェッカーとして活躍中

2007年4月から2008年3月までの1年間、実践演習科を受講しました。和訳と英訳を同時に学ぶことができる点に魅力を感じて、MRIの講座を選びました。授業は、少人数ということもあり、あまりかしこまらずに雑談もできるような雰囲気で、講師の方とも気軽に話をすることができました。通学中に在宅翻訳者として登録し、仕事をスタートしたのですが、前の会社を退職してまもなく、MRIからチェッカーとして来ないかと声をかけていただき、現在は、ITプロジェクトの一員としてオンサイトで校閲のお仕事をしています。実際の翻訳案件をたくさん見る機会に恵まれ、とてもよい勉強になっています。
(通学講座 実践演習科修了 永野喜久さん)

翻訳者になるという夢の実現につながりました

2001 年4月~2003年2月に通学講座(経済・経営コース)を受講しました。翻訳に関して全くの素人だった私ですが、和田峻先生、Darren先生をはじめ経験豊かな先生方の温かいご指導のもと無事修了することができました。講座修了後、現在は、メディア総合研究所の登録スタッフとして、契約書や業務マニュアルを中心に、プレスリリース、調査報告書、プレゼン資料など様々な分野の翻訳をしています。メディア総合研究所との出会いが翻訳者になるという夢の実現につながったことを実感しています。 
(通学講座 実践演習科修了 中山希さん)

資料請求・お問い合わせ・
お申し込み

フリーダイアル

資料請求・お問い合わせ
受講お申し込み

翻訳能力診断テスト

翻訳家になるための お得なパックコース

映像講座

ポストエディット講座

英語 表現辞典

受講料の1%がワクチンに。

実務翻訳 通学講座 無料セミナー

映像講座 基礎から学ぶ実務翻訳(英→日)のイメージ

英文法大全

翻訳事業部

MRI語学教育センター on Twitter

PageTop